家族葬について

家族葬について

家族葬とは、家族や身内のみ或いはごく親しい間柄の人達だけで行うお葬式のことであり、一般のお葬式に比べると、費用も内容もある程度遺族側が選べるものと認識されています。昔と異なり核家族化が進んだ現代において、慎ましやかに行える家族葬を選ぶ人は増加傾向にあり、親類縁者と疎遠の人や、身内が少ないなどの家庭の事情により参列者が少ない場合、葬儀費用をあまり掛けたくない場合など、それぞれの事情に対応できる現代のお葬式のスタイルでもあります。また従来友引に当たる日は、友を引くという意味合いから、通夜やお葬式には行ってはならないとされてきましたが、 これも今の家族葬では、喪主側が気にしなければ特に問題なく、普通に行う人もいるようです。

ただし、後で訃報を聞いた親族や知り合いから、なぜ連絡をくれなかったのかと言われたり、日にちを変えなかった事を責められたりするかもしれません。故人の遺志という事であっても、昔ながらのお葬式を当たり前としている人達にとっては、簡素化した家族葬はなかなか理解してもらえないということもあるでしょう。また家族葬の後に、弔問に来られる人の対応に追われて大変な思いをする場合もあるようです。その際の香典返しの用意を避けるため、あえて香典の受け取りを辞退するというケースも増えています。この場合、理由を遺族の考えではなく、故人の遺志だからという事を伝えることが大切です。

できれば日頃から、家族間でいずれはこういう形式のお葬式にしたいなどと相談してプランを立てておいた方が、後々起こりうる問題を回避できるかもしれません。お葬式をおこなう際には、選ぶ葬儀社により内容やサービスに違いがあります。こちらも日頃から事前に内容を調べて、依頼する葬儀社を決めておいた方がいいでしょう。家族葬だからどこもあまり変わりがないだろうと思っていると、当日に料金が追加され、考えていた費用より高額になることもあります。

お葬式はそう何度もあるものではないので、知らない事も多くあります。事前に終活ノートを作成して、いざという時に慌てないように準備する家庭もあります。希望するお葬式がしやすいように、こういうものを作って用意しておくのものいざという時に役に立ちます。最近は終活セミナーのような事をやっている葬儀社などもあります。利用してみるのもいい勉強になるでしょう。家族葬は、残された家族に負担がなく、ゆっくりと最後まで故人を偲びお別れができるお葬式のスタイルです。家族葬は、自由な方法を選ぶことができる現代だからこそ、受け入れられるお葬式でもあるのです。

INFORMATION

2018年11月09日
ホームページを更新しました