一般葬儀と家族葬の違い

普通のお葬式は、その家のしきたりや宗派などを除いて、会場の飾り付けやお葬式に必要な一式など、その葬儀社の提示する内容のプランの中で行います。 通常、通夜と告別式、地方やその家風によっては本葬を行いますが、そのつど喪主は参列者へのおもてなしとして、返礼品やお料理などを用意し、通夜ぶるまいなども形式として行います。

お葬式の参列者も家族や親戚身内、親しい友人だけでなく、近所の人達や会社の方々など、故人が生前にお付き合いのあった人達でお見送りする形式となり、喪主側は対応だけでクタクタに疲れることも多々あります。対応に追われ故人とゆっくりお別れができなかった。などという事も少なくないでしょう。

家族葬では喪主側の意向により、こういった昔ながらの形式を省いたり変えたりして簡素化することができます。家族の意向に沿い、プランを練り必要ない項目を省いて費用を抑え、遺族が望むお葬式を行う事ができるのです。希望によってはお通夜を省き、告別式と火葬のみというやり方を選ぶ遺族もいます。それぞれの事情に合わせて、無理をせずできる範囲で自由にその家庭に合った方法を選べる家族葬だからこそできることです。

形式にとらわれることなく故人とのお別れを心ゆくまでしたい、家族や親しい友人のみで慎ましやかに行いたいという、故人や遺族の望むお葬式を叶えられるスタイルが家族葬です。