家族葬にかかる費用

家族葬では形式を気にせず内容を変更できる分、かかる費用は一般のお葬式に比べて安くできます。省く内容と葬儀社によって価格は違いますので、前もって各葬儀社のパンフレットを取り寄せるなどして、どの方法が負担なく行えるか、どの葬儀社の家族葬が自分達に合っているかなど事前に家族で話し合っておくといいでしょう。どれを選んでどれを省くかはよく考えて行うようにしなければなりませんが、どの方法でも必要となる費用というものがあります。

まず使用する葬儀社の会館使用料です。そのプランにより使う一式の価格が異なってきますし、会館を使わずに自宅でお葬式をする自宅葬ならさらに割安となります。どのタイプであれ、葬儀社との打ち合わせが重要です。

それからお葬式に来て頂く僧侶に出すお布施です。これはお葬式代とは別ですので、必ず用意が必要です。日頃からお世話になっているお寺があるなら、事前にどのくらいの額が必要か親戚など詳しい人に確認しておくとよいでしょう。

死亡した際の役所に届ける費用、火葬代もかかります。葬儀社により届け出関係はプランに入っている場合もありますので、確認をしておくのがおすすめです。火葬場によっては控室の予約もありますから、それらの手配も気にしておきましょう。