家族葬のメリット、デメリット

家族葬の良いところは形式に囚われずに遺族側の望み通りのお葬式ができる点でしょう。費用を安く抑えることはもちろん、身内だけでゆっくりと故人を偲ぶ時間がとれるのも家族葬のメリットです。一般のお葬式は会社関係や近所など、弔問客の接待などをする必要があり、喪主は特に挨拶にも時間を取られてしまいます。中には面識の無い、故人とどういう関係なのかも分からない方が弔問する場合もあり、どう対処して良いか判断に困ることもあります。身内だけの家族葬ならそういった煩わしいことも気にせずに済みます。

故人と疎遠であったり家の事情によりひっそりと質素に行いたい場合、通夜なしの告別式からそのまま火葬する、一日葬という方法も選べます。お通夜を行わないため参列者へのふるまい膳や返礼品の費用を抑えることができ、対応に追われることもありません。

ただし僧侶へのお礼、お布施は家族葬であれ一日葬であれ金額は変わりません。それに僧侶によっては一日葬にあまり良い解釈をしない人もいますので、特に菩提寺がある家の場合、事前確認をしておいた方が無難と言えるでしょう。

参列者が少ない分、上がる香典も一般のお葬式よりは少ないことも考えておく必要があります。香典が少ない分、お葬式の費用に充てる金額も少なくなりますので、自分達の手出しが多くなることは仕方ないことと認識しておきましょう。